読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッグクリーニングはてなaarhon

バッグクリーニング、ブランドバッグクリーニング

ヌメ革修理で



濡れた後に、柔らかい布で乾拭きするなどのお手入れ次第で、長持ちさせることができます。


初めのうちは雨や水・油などに濡れると、水分をすぐ吸収して輪ジミ等のシミになりやすいです。


ブーツのクリーニングのbanna

また、そのまま放置すると、革が硬くなり革が割れてきたりします。


起毛で一見、似ていますが革の吟面をスエードと同じように起毛させたものはヌバックと呼ばれます。


現在では、カーフやピッグなどが多く利用されています。


ブランドバッグ染め直しeoのeliz

クロムなめしをしたカーフ、キッド、馬革や人工皮革をベースにして、それらの革などの吟面を取り、水性塗料で下塗りをします。


強くこすると革を痛めますので、軽く何度か繰り返して汚れを落とします。


また、ヌメ革は染みができやすいデリケートな革としての特徴もあります。